全身脱毛の施術が痛いと成功しない


施術が痛いと全身脱毛は成功しないのはホント?

全身脱毛において人気を集める脱毛サロンには「施術が痛くない」という特徴があります。

「痛みなんてある程度耐えるし」と軽く考えている人もいますが、確かに1部位だけ、たった1回しか通わないのであればそれでもいいかもしれません。

しかし脱毛の場合は痛みが強いサロンでは全身脱毛が成功しにくいと言われているんですね。

その理由には大きく分けて3点あります。

≪理由1:通い続けられない≫

施術が痛くても1回くらいなら我慢できるかもしれません。

また、たった1箇所の痛みならば耐えられるかもしれません。

しかし、全身脱毛となると、1回通うと数箇所同時に施術を行います。

数箇所行うということは短時間施術が可能なフラッシュ脱毛であってもある程度の時間は必要となり、その間ずっと痛いのは嫌ですよね。

嫌だなという気持ちがあると、2回、3回と通うのがだんだんと億劫になり、満足いく状態になるまで通い続けることができなくなる可能性があるのです。

≪理由2:照射出力を下げられ脱毛効果が弱まる≫

施術時に痛みがある場合は、スタッフに言うと光の照射出力を下げてくれます。

すると痛みは少し和らぎます。

しかし照射出力を落とすことはその分脱毛効果が減少することを意味します。

なるべくなら痛くない施術でかつ照射出力は高いまま受けたいですが、痛みがあまり激しい場合は我慢せずスタッフに言いましょうね。

後の肌トラブルにつながる可能性があります。

しかしできれば最新機種で痛みの軽減に努めているサロンで、照射出力は高く痛みがほとんどないものを採用しているところ、高い脱毛効果と施術時の痛み軽減を同時に実現するサロンを選ぶようにしましょう。

≪理由3:自分でも知らないデリケートな肌がある≫

全身脱毛ともなると、自分が知らないデリケートな肌が脱毛範囲の中にある可能性があります。

いくつかの部位は脱毛できても、デリケートな部分だけ施術ができないことにもなりかねません。

こうなると全身脱毛成功とは言えませんよね。

なるべく肌への負担が軽いライトを使用しているなどの施術方式を採用しているサロンを選んでおかなければ、このような一部分脱毛できないことにつながります。

≪失敗しない為には?≫

これらの事から施術が痛くないサロンを選ぶことが非常に重要なことがわかりますね。

痛くないサロンと一言に言ってもどのサロンが痛くないのかわからない場合は、「脱毛方式」を見てみましょう。

例えば当サイトでもランキング1位の、全身脱毛において定評の高い脱毛ラボでは痛みの少ない「S.S.C式」を採用しており、高い脱毛効果と同時に施術時の痛み軽減を実現しています。

その上、医師の指導の下で痛みに弱い人には鎮静クリームを使用し完全に無痛を実現しています。

このような痛みを軽減する努力を行い、最先端の技術、最新機種を採用しているサロンを選ぶことで、満足いくまで通い続け全身脱毛を成功させることができるでしょう。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者