全身脱毛前に自己処理しにくい部分


全身脱毛前に自己処理しにくい部分はどうする?

全身脱毛前の自己処理は、基本的には手が届く部分だけでOKというサロンがほとんど。部位によってはサロンで処理してくれるところもあります。

全身脱毛をサロンで施術する前に、場合によっては自己処理をお願いすることがあります。

しかし全てのサロンでお願いしている訳ではなく、その違いは施術方法によって異なります。

ニードル脱毛法を取り入れている場合、ムダ毛が全く無い状態では施術が行えません。

最近のサロンの多くは、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛を取り入れていますね。

脇の下や足などならムダ毛の自己処理が行えますが、背中やデリケートゾーンの自己処理は難しいですよね?

誰かに頼んで行えって貰うと言う手段もありますが、これから全身脱毛をすると言うことを伝えるのが恥ずかしいと思う人もいます。

多くのサロンでは自己処理に対して、無理にキレイにしてくる必要は無いと考えています。

カウンセリングの際に、施術前の自己処理について伝えられますが、「手が届く部分だけでOK」と言うお店が多いです。

理由としてもしも自己処理をして、肌に傷がついてしまったとします。

傷がついた状態では、施術中に痛みや肌をさらに傷付けてしまう恐れがあるので、断られるケースが多いんです。

このような場合は来店前に一度電話連絡で、施術が出来るか確認を取るのがいいですね。

そしてVIOゾーンの脱毛、自己処理をどのようにしたら良いのか分かりませんよね?

まずVゾーン(ビキニラインの部分)は、手の届く範囲で自己処理がしやすいですね。

次にIゾーン(ビキニラインの下、両サイド)は、皮膚が弱く自己処理は黒ずみの原因になってしまいます。

最後にOゾーン(肛門周り)は、手は届く範囲内ですが目で見ることは出来ません。

VIOゾーンはとっても皮膚がデリケートで、ちょっとしたことで傷がつきやすいんです。

自分の目で見て手が届くVゾーンは、全身脱毛前の自己処理をお願いするお店もあります。

しかしIゾーン・Oゾーンは、自己処理はしないように呼びかけているお店が多いです。

施術をする前にムダ毛は邪魔となるのですが、プロの施術スタッフがキレイに処理してくれるので安心です。

恥ずかしい部分ではありますが、個室を設置しているお店も多いので安心してくださいね!

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者