全身脱毛を個人サロンで行うデメリット


全身脱毛を個人サロンで行うデメリットを考えてみた

内装やスタッフの対応などのサービスが良い一面もあるけれど、そうでない面もあるようです。

脱毛サロンはメディアなどでも取り上げられる大手企業、その他に個人で行う脱毛サロンなどがあります。

どちらもムダ毛処理をキレイに行ってくれる事には間違いが無いのですが、個人サロンで施術を行うデメリットを考えてみました。

個人サロンってお客様の立場に立って、内装やスタッフの対応などを考えている所が多いです。

レストランで言う住宅街にある小さなお店はチェーン店とは違い、味が個性的で美味しい!と同じく、個人サロンもメリットが多いです。

しかし個人サロンは大手企業とは違い、全国に店舗数を多く構えている事はありません。

そのため収入面からして、かなりの差があります。

お客様の立場に立ってをモットーにしているお店が多く、料金も格安で提供している所もあります。

しかし誰でも通いやすい料金体制の結果、脱毛器が脱毛サロンとは思えないほど出力が弱いものなど・・・。

プロの施術を受けたくてお金を払っているのにも関わらず、家庭用脱毛器となんら変わらない効果なんて事があります。

また料金だけで見て見ると、個人サロンによって料金体制にバラつきがあります。

顧客がたくさん居れば居るほど、リーズナブルな料金で施術を提供している大手脱毛サロン。

個人サロンは顧客が少なければ少ないほど、料金が割高なお店が目立ちます。

また安く脱毛が出来る全身脱毛プランコース、どうせ長い期間施術して貰うなら安い方がいいですよね!

通常、全身脱毛プランなどは年単位契約が一般的。

しかも料金は契約をしたときに支払うシステムが多いので、まとまったお金をお店側に支払う必要があります。

個人サロンの場合、不安定なお客層の結果、お店を維持していくのが難しく倒産してしまう可能性も考えられます。

たとえ契約期間がまだまだ残っていたとしても、倒産に「待った!」はなしなのです。

事前にお金を支払い済み、しかも契約してまだ1ヶ月だとしても関係ないんです。

良心的なお店なら契約金の返金が行われると思いますが、殆どは借金に当てていたなどで返金の可能性は低いです。

初めて全身脱毛をお願いするときは、個人サロンのデメリットも考慮して契約を結ぶようにしましょう。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者