全身脱毛を行う前の注意


全身脱毛を行う前の注意点

全身脱毛を行う前の注意点はどんな点?

注意点1.施術前の自己処理でお肌を傷つけないように気を付ける。

特に今まで毛抜きを使ってムダ毛を抜いていた方は即刻中止しましょう。

普通のシェーバーを使って剃っている場合も、お肌が荒れたり細かい傷がつく可能性が高いので避けましょう。

施術前のお手入れは、お肌に負担が少ない電気シェーバーを使用する程度がお勧めです。

注意点2.極力日焼けを避けること。

脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛と呼ばれる方法は、日焼けしているお肌では施術不可となる場合があるのです。

フラッシュ脱毛は、肌色が濃いとムダ毛を上手く検知できないためにヤケドなどのトラブルになりやすいんですね。

全身脱毛前は、普段あまり意識しないえり足や背中なども含め、全身くまなく日焼けをしないように特に注意しましょう。

注意点3.脱毛スケジュールは体調のリズムを十分に考えた上で立てること。

さらに全身脱毛の部位の中でもデリケートゾーンの施術に関しては、女性の場合は一般的に生理中は不可となります。

また、それ以外の部位でも生理の前後はお肌が敏感なので、脱毛が強い刺激となってトラブルにつながりがちです。

むやみに予約を入れるのではなく、ご自身の体調のリズムに沿ってスケジュールを立てると良いですよ。

このように、脱毛の効果を上げるためにも仕上がりに満足するためにも、上記の注意点をよく頭に入れておきましょうね。

全身脱毛前にほくろやアザの場所をチェック!

上記であった注意点の他にも、全身脱毛を行う前に気を付けて欲しいことがあります。

それは、体のどこにほくろやアザがあるのかチェックしてもらいたいのです。

実はフラッシュ脱毛では、ほくろやアザのように色素の濃い部分にはマシンを当てられないんですね。

だからと言って、全ての脱毛ができない訳ではありません。

サロンではほくろやアザを保護テープなどでカバーしてから施術してくれるので安心して下さい。

フラッシュ脱毛は毛のメラニン色素に反応して、エネルギーを集めて細胞を破壊しますから、ほくろやアザは避ける必要があります。

もし、ほくろやアザにそのままマシンを当ててしまうと、痛いどころかヤケドになってしまうかもしれません。

でも、顔や腕など自分でよく見ている所でも、ほくろやアザがどこにあるのか詳しく知っている人って少ないですよね。

よく見てみないと分からない所や、意外な場所にあるかもしれません。

もし、何もチェックしないまま全身脱毛を進めると、施術している途中で「脱毛できない場所」を知らされるんですね。

その場所が自分がどうしても脱毛したい所だったらショックが大きいですし、とても不満の残る結果になってしまいます。

あらかじめ知っていれば、このような思いもしなくて済みます。

ほくろやアザをチェックする方法としては、体の表面は直接目で見て調べたり、お腹や足の先の方など目から遠い部分は手鏡を使うと良いでしょう。

背中などは合わせ鏡や、パーツごとに写真に撮ると調べやすいですよ。

また、カウンセリングの時に相談してエステティシャンにチェックしてもらうという手もあります。

そうすれば不満の残らない、納得のできる全身脱毛にできますよ!

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者