全身脱毛 年齢 効果


全身脱毛で年齢が若すぎると効果が出にくい理由は何?

全身脱毛で年齢が若すぎると効果が出にくい理由としては、ホルモンバランスがあります。

10代などの若いうちは、ホルモンバランスや生理の周期が一定ではなく、増えたり減ったりすることが多いです。

ホルモンバランスは毛の生え変わりなどにも影響を与えており、このバランスが一定でないと毛の生え変わりを予想することも難しくなります。

通常と同じように、2か月周期などで全身脱毛を行ったとしても、若い人の場合にはまだ次の毛が生えてきていない可能性もあります。

施術したとしても、フラッシュ脱毛の場合には毛の黒い部分に反応させるので、毛が生えていないと効果を発揮してくれません。

こういった理由から、年齢が若すぎると効果が出にくくなっています。

それと、ホルモンバランスが安定していない場合、全身脱毛が終わった後にまた生えてくる期間が短いことも多いです。

ホルモンの状態によっては、毛がなくなったことで、活発に毛根が活動し、再度生やそうと努力してしまうこともあります。

そうなってしまうと、せっかく全身脱毛を行ったのに、すぐに生えてきたということになってしまいます。

さらに、未成年の場合には、親の同意書が必要となるサロンが非常に多いです。

これは、サロンはある程度まとまったお金が必要になることが多いことから、未成年は親がお金を出すことが多いからです。

10代でも14、5歳などのかなり若い年齢だと、あまり効果が出にくいことも多いです。

そういった時に、親にしっかり説明しておき、若いうちは効果が出にくいこともあるということを理解しておいてもらわないと困った事態になってしまいます。

毎回親がついてくる必要があるサロンや、16歳以下はお断りのサロンなどもあるので注意してください。

このように、全身脱毛で年齢が若すぎると、ホルモンバランスの影響により生え変わりの周期が予測しづらかったり、再度生えてくる可能性が高いことから効果が出にくいとされています。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者