全身脱毛でじんましん


全身脱毛でじんましんが出てしまったときの対応

全身脱毛は、体の様々な部分に、広範囲に施術を行う方法です。

そのため、懸念すべき肌トラブルもたくさんあります。

現在の脱毛サロンの主流となっているフラッシュ脱毛という方法は、非常に安全性が高いということで知られる方法ではありますが、その安全性は100%ではありません。

稀に、火傷や肌荒れ、じんましんといったトラブルが発生することもあるのです。

では、もしフラッシュ脱毛による全身脱毛を受けた際に、じんましんが発生したら、どのように対応すれば良いのでしょうか?

じんましんというのは、アレルギー症状の1つとして現れることの多い症状です。

そのため、「すぐに治まるから」と軽視していると、取り返しのつかない恐ろしい事態になる可能性もあるのです。

だから、じんましんが出た場合には、すぐにでも医療機関を受診することが大切です。

皮膚科を受診すれば、じんましんの原因となったアレルギーが何なのかも調べてもらえます。

金属アレルギーなのか、ジェルや化粧品に対するアレルギーなのか、それとも光アレルギーなのか・・・

原因をはっきりさせれば、今後、全身脱毛を継続していくことが可能かどうか、判断することもできますよね。

軽視して脱毛を続けてしまうと、全身という広範囲に対する施術ですから、呼吸が苦しくなるなど、命に関わる事態にも繋がりかねません。

アレルギーというのは、それほどに恐ろしいものなのです。

じんましんが発生した場合には、緊急を要するような事態でなさそうならば、まずは脱毛を受けたサロンに連絡しましょう

サロンによっては、提携医療機関の紹介など、何かしらの対応をしてくれる場合もあります。

それから、サロンに連絡後には必ず、すぐに医療機関を受診することです!

じんましんは、甘く見てはいけない症状です。

特に、1回目の施術では何の問題も無かったのに、2回目になると急にじんましんが出てきたという場合には、脱毛に用いる何かにアレルギー反応を引き起こしている可能性が多いに考えられます。

現在の脱毛サロンで行われる脱毛の施術は、安全性にはしっかり配慮されていますが、アレルギーに関しては未知の部分があるのが現実です。

アレルギーを疑うような症状は、しっかり対応しないと大変危険なので、全身脱毛を受ける際は、肌状態を常によく観察するようにしましょう。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者