全身脱毛の予算は消費税込の価格


全身脱毛の予算は消費税も込みで考えて!

全身脱毛を受ける際に、まず悩むところが予算に関することですよね。

色々な部位に施術を行う全身脱毛では、どうしても脱毛料金が高額になってしまいます。

だから、予算をしっかり決めて、その予算の範囲内に収まる全身脱毛が受けられるサロンを探す、というのが第一歩になりますね。

ですが、この予算を決める際に、1つ見落としやすいポイントがあります。

それが、脱毛料金に対して加算される消費税です。

「消費税は小さい金額だから気にしない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、高額な全身脱毛では、消費税の額もそれなりに大きな額になってしまいます

例えば2,000円で脱毛を受けられる部位別のコースがあったとして、この金額に対して加算される消費税額は160円。

これなら、確かにしれている金額だと言えるかもしれません。

ですが、これが20,000円になれば1,600円、さらに200,000円になれば16,000円の消費税が加算されるのです。

そう考えると、何十万円単位になることが多い全身脱毛では、消費税額も結構な額になるということを覚悟しなければなりません。

脱毛サロンが公式サイトや広告等に記載している金額には、消費税込みで書かれている場合と、「外税表示」と言って消費税を抜いた金額で書かれている場合とがあります。

その点をよくチェックして、消費税を含んだ料金での計算をしっかり行い、予算内に収める計画を立てましょう。

現在の消費税率は8%。

これが、2015年の10月には10%に上がってしまいます。

そうなると、さらに全身脱毛の料金に加算される消費税額も高額になってきますので、ますます予算内に収めることが難しくなってきます。

全身脱毛を考えているけれど、あまり予算をかけられないという方は、今が始め時です!

「もう少しお金を貯めてから・・・」なんて考えていたら、消費税が上がって、ますます手が届かないものになってしまいかねません。

消費税率8%の今のうちに、消費税込みの金額でもお得感のあるサロンを選んで、予算に合わせた計画的な全身脱毛を受けましょう!

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者