全身脱毛期間中の部活動で注意する事


全身脱毛期間中の部活動で注意する事は?

全身脱毛期間中に社会人の運動系クラブなどの部活動に参加する場合の注意点を大きく分けて3点で解説しましょう。

注意点1:間違ったムダ毛処理をしないこと

社会人になっても運動系のクラブに所属し、適度に運動するのはとても良いことです。

しかし、クラブ活動をする際に、ユニフォームや運動着の露出が多い場合は、ムダ毛処理に注意しましょう。

例えばクラブ活動の時間の直前に、カミソリで急いで処理するのはよくありません。

脱毛期間中のムダ毛処理では、そもそも簡易カミソリは使用してはいけません。

ムダ毛を簡単に処理できますが、肌を大きく傷つけてしまう為です。

また、長期間生えてこないようにする為に、ムダ毛を毛抜きで抜くのもダメです。

毛抜きは肌を傷つけますから、肌環境を悪化させてしまいます。

電動シェーバーで優しく丁寧に行い、その後の保湿ケアなどをしっかり行いましょう。

急いでするのはよくありませんから、時間的に余裕をもって露出部分のムダ毛処理にとりかかりましょう。

注意点2:露出時には必ず紫外線ケアをすること

運動系の部活動では、室内競技であっても、外で少し走りこんだりする場合があります。

また、昼間であれば窓から入ってくる紫外線にも注意が必要です。

外でのクラブ活動であればもちろん、念入りな紫外線ケアが必要です。

脱毛期間中に日焼けをしてしまうと、脱毛効果が下がってしまうだけでなく、肌トラブルのリスクを高めます。

肌トラブルがでてしまうと、そのトラブルが落ち着くまでは当然脱毛できませんし、最悪の場合は脱毛自体を諦めなくてはならなくなります。

せっかく全身脱毛を決意したのに諦めるのはもったいないですよね。

脱毛期間中は肌をいたわり、トラブルがでない元気な肌作りを心がけましょう。

注意点3:怪我をしないようにすること

最後に、クラブ活動で最も注意が必要なのは怪我をしないようにすることです。

社会人レベルともなると、かなり高い競争心の中でレベルの高い戦いを強いられる競技もあるでしょう。

そんな中では怪我を気にせずファインプレーをしなければならないこともあります。

体を張ったプレーが求められる競技の場合は、脱毛施術日近くでは試合などを入れないようにしましょう。

また練習中にはサポーターなどを使って、怪我を防ぐ努力をしましょう。

万が一怪我をしてしまっていて、それが治らない状態で脱毛施術を受けても、その怪我をした部分は脱毛できません。

その部分から周囲数センチ離れた部分までの施術が受けられないと、当然その範囲には脱毛効果がありません。

せっかく脱毛を受けるのに、これではもったいないですよね。

脱毛期間中はなるべく怪我をしないようにし、脱毛予約日に近くなったらお休みをするなどして肌・体をいたわりましょう。

これらの注意点に気を配りながら、脱毛期間を乗り切りましょう。

そうすれば部活動をしながら全身脱毛を成功させることができますよ。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者