ペットを飼っている人の脱毛中の注意点


ペットを飼っている人の脱毛中の注意点

自宅でペットを飼っている人は、全身脱毛期間中にいくつか注意点があります。

注意点1:ペットによる怪我に注意

自宅でペットを飼っている人は、脱毛期間中怪我しないように気を付けましょう。

ペットとの暮らしに慣れていて意外と本人は気にしていなかったりしますが、犬や猫に噛まれたり引っ掻かれたりすることに慣れてしまっている人がいます。

猫はじゃれて遊ぶ際などにひっかき傷ができてしまいます。

犬はボールなどを投げて遊ぶ際、つい手まで噛んでしまうことがあります。

このような日常的なペットとのふれあいの中で、怪我をしてしまうことはよくあることです。

うさぎやインコなどのペットでも、ふれあいの中でどうしても傷ついてしまうことがあります。

手袋をしてペットとふれあいうなど工夫して、脱毛期間を乗り切りましょう。

注意点2:散歩中の日焼けに注意

猫やうさぎは散歩することはありませんが、犬の場合は散歩をしなければなりませんね。

その際は、必ず露出部分に日焼け止めを塗り、紫外線対策をしましょう。

脱毛期間中に日焼けをしてしまうと、肌環境が悪くなり脱毛効果が下がってしまいます。

その上、肌中のメラニンが増え、毛のメラニンへ集まるはずの光エネルギーが肌に分散されてしまうので、肌トラブルのリスクが増えてしまいます。

ペットをお散歩させていると、とても気持ちよく楽しく散歩できるので、ついつい長時間外出してしまいがちです。

天気の良い日には、時間を忘れて散歩してしまうこともありますね。

「ちょっとだけだから」と日焼け対策を怠るのはいけません。

脱毛期間中は特に念入りに紫外線対策を行い、絶対に日焼けしないようにしましょう。

注意点3:冷暖房のかけすぎに注意

実は最近は室内犬が増え、それと同時に室内でずっと冷暖房をかけて過ごす人も増えています。

ペットと冷暖房は関係ないと思っている人もいますが、特に愛犬家・愛猫家の方には、ほとんど一年間、24時間ずっと冷暖房をかけっぱなしという方も珍しくないのです。

室内犬を飼っている場合は、犬や猫を大切に思う気持ちが強く、自分だけの為ではなく、犬や猫など愛するペットの為に冷暖房を付ける人がいます。

留守にする間も絶え間なくエアコンをかけ続けてあげる人もいますね。

しかし、換気もせずにずっとエアコンや冷暖房をかけっぱなしにすると、肌は乾燥がちになります。

肌の乾燥は脱毛効果を下げてしまいますし、病気にかかるリスクも増えます。

夏にはペットの毛をサマーカットにするなど、冷暖房に頼りすぎない暮らしを、ペットと共に身に付けていくようにしましょう。

これらの注意点に気を付けてペットを飼っている人は脱毛期間中の生活を見直しましょう。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者