全身脱毛期間中のデメリット


全身脱毛期間中のデメリットはこう乗り越える!

全身脱毛期間中のデメリットもうまく乗り越えればまったく問題なくクリアできます。

今回は全身脱毛期間中のデメリットと、それをどう乗り越えると良いかについてご紹介しましょう。

デメリット1:サロンに通う頻度が多い

全身脱毛のデメリットとしてよく取り上げられるのが、通う頻度が多く面倒になってくるというものですね。

しかし、これも工夫次第でまったく苦になりません。

重要なのはサロンの立地です。

サロンの立地が「わざわざ」出向くような場所だと、どうしても月に2~3回の来店は面倒になりがちです。

そこでオススメなのが「職場」「自宅」「買い物」のキーワードが揃う立地のサロンを選んでおくことです。

サロンが職場付近にある、もしくは自宅から職場へ通う際の道沿いにある立地であれば、週に5日はサロン付近を通ることになります。

つまり、職場へ行く前、もしくは帰りにサロンへ通うことができますね。

休日によく買い物する場所の近くや、ショッピングモール内であれば、買い物ついでに立ち寄れば、月に2~3回の来店も苦になりません。

よく通る道、よく行くお店の近くなども良いですね。

立地に注目してサロン選びをしていれば、全身脱毛で頻繁にサロンに通うのも、デメリットにはなりませんよ。

デメリット2:期間中の紫外線ケアが面倒

全身脱毛のデメリットとして、期間中の紫外線ケアが面倒になってくるというものがあります。

全身ともなると、日焼け止めを全身に、ほぼ毎日塗って外出しなければなりません。

面積が広くなればなるほど、クリームを塗るのが大変にはなりますから、日焼け止めだけで紫外線ケアをしようとすると、やはり大変ですよね。

しかし、紫外線ケアを日焼け止め+UVカット衣類で行えば、面倒は一気に減ります。

最近はUVカットの衣類が多数販売され、下着類はもちろん、カーディガンやパンツ、UVカットシャツなども販売されています。

これらの衣類でUVカットをしながら、露出している部分にだけ日焼け止めを塗れば、紫外線ケアはそんなに大変ではありません。

全身日焼け止めを塗る必要がなければ、全身脱毛の紫外線ケアが大変だというデメリットはなくなりますね。

デメリット3:期間中の保湿ケアが面倒

全身脱毛期間中は保湿ケアも面倒だというデメリットがあります。

しかしこれも工夫をすれば全然大変ではなくなります。

例えばスプレーボトルを使って化粧水を吹き付ければ、手で塗るよりも短時間で広範囲に化粧水を浸透させることができます。

保湿クリームを塗る際は全身マッサージと一緒に行えば、保湿しながら全身の疲れも取れます。

工夫次第で、保湿ケアは広範囲でも簡単に行うことができるようになりますよ。

これらのデメリットの解決策を実践し、全身脱毛期間を楽々と乗り越えましょう。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者