全身脱毛で一番痛みが強い部位


全身脱毛で一番痛みが強いのはどこ?

全身脱毛をした場合、ここは痛みが強く感じる、ここは痛みをほとんど感じないという風に、部位ごとの痛みの強さには変化があります。

しかし残念ながら、一概にここが一番痛みが強いとは言い切れません。

痛みの感じ方には個人差があり、どこが一番強い痛みを感じるかというのも人によって異なるためです。

しかし、ある程度皮膚の薄さや普段の刺激が多い少ないによっても予測や傾向はあるようです。

そこで今回は全身脱毛で痛みが強く感じられやすい部位とその理由、緩和方法などについてご紹介しましょう。

普段の刺激が少ない:ワキやVライン

全身脱毛の中で、普段の刺激が少ないために、痛みを強く感じてしまいやすいのがワキやVラインです。

ワキやVラインは普段衣服の中に隠れていますし、人に触られることもないので、刺激に不慣れな部分です。

そのため、施術時に他人に触られたり、普段とは違った刺激が加わることで、刺激を敏感にキャッチし、痛いと感じる場合があります。

そのため、全身脱毛の部位の中で、最も施術が痛かったと言う人も中にはいるようですね。

緩和方法としては、まずは保湿をしっかりすることです。

ワキやVラインは普段ケアをあまりしない部分です。

脱毛日当日を含め、毎日欠かさず保湿ケアをすることで、肌環境が良くなり、脱毛の痛みを緩和できるでしょう。

それでも痛みが我慢できない場合は、照射出力を落としてもらって対処しましょう。

神経が多く通っている:指

人の体には様々なところに神経が通っていますが、その中でも人間の手にはかなり多くの神経が集まり、触覚が発達しています。

その手の指に生える産毛が気になる人は、指毛を脱毛できます。

全身脱毛のコースで指毛を脱毛する際に痛みを感じる人も多いようですね。

指毛が生えている部分は皮膚が浅いこともあり、美容脱毛器が指の骨にごつっとあたる感じがします。

器具が指の骨にあたる感じが痛みを連想させたり、そもそも神経が多く通う部位なので痛みを強く感じる場合があるようですね。

そんな指の施術時の痛みは、美容脱毛器をなるべく優しくあててもらったり、普段から指の皮膚をいたわり、肌環境を良くすることで対応しましょう。

皮膚が薄くデリケート:顔

顔は体の中でも皮膚が薄い部分なので、痛みをとらえやすいです。

顔脱毛の痛みを緩和するためには、普段の保湿ケアを念入りにすることはもちろん、ちょっとしたことでシミや日焼けができてしまいやすいので気を付けましょう。

シミや日焼けがあると、皮膚のメラニンに光のエネルギーが分散し、より強く痛みを感じてしまいます。

普段から美白ケアを行いましょう。

これらの部位は個人差はあれど痛みを強く感じやすい部位です。

保湿ケアなどを行い、普段から肌のコンディションを整えるように努力しましょう。

また、サロンを選ぶ際も、なるべく痛みが少ないサロンを選ぶようにしましょうね。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者