妊娠中の全身脱毛


妊娠中の全身脱毛はちょっと待ってください!

妊娠中は全身脱毛だけでなく他の部位の脱毛も不可としているサロンが多いです。

でも、脱毛をしたからといってお腹の中の赤ちゃんや母体に影響はありません。

脱毛を不可とする理由は、妊娠するとホルモンバランスが大きく変化しムダ毛や肌の質が変わってしまうからなんです。

授乳中も同様で、このような時に脱毛をしても効果が出にくくなるんですね。

「妊娠する予定はないから大丈夫」と思っている人もいるかも知れませんが、今は妊娠する可能性がゼロであっても、今後はどうなるか分かりません。

特に全身脱毛は期間が長くなりますから、状況が変化する可能性も考えておくと良いでしょう。

例えば、脱毛の保証期間が限られている所だと、妊娠して中断している間に期限切れとなってしまうことがあります。

これはとても勿体ないですよね。

ですから、無期限保証コースにしたり、最近人気の月額制の脱毛サロンもオススメですね。

その時になって後悔してしまうことのないように、脱毛サロンやコース選びをすると良いですよ。

妊娠中にムダ毛の自己処理をするなら慎重に!

妊娠中の自己処理での脱毛は気を付けて

妊娠中には上記の理由から全身脱毛は休止することになります。

そうなると、問題になってくるのが妊娠中のムダ毛の自己処理です。

また、こちらをご覧になっている人の中には、現在妊娠中でムダ毛に悩んでいる人もいるかもしれません。

でも、妊娠前と同様に自己処理をしてしまうと肌トラブルが起きる可能性があります。

そうならないためにも、妊娠中に行う自己処理のポイントを押さえておきましょう。

《妊娠中の肌はトラブルが多い》

妊娠するとホルモンバランスの影響を受け、肌が敏感になる人がほとんどです。

かゆみが出たりカサカサしたりと、肌トラブルが起きやすい状態でもあります。

また、今まで使っていたケア用品が合わなくなる人もいます。

その場合は、低刺激のものを選ぶなどで対応しましょう。

また、妊娠中はホルモンの影響によってメラニンを作り出す細胞が活発になりますから、シミやソバカスが目立つ人も多いです。

出産後はだんだん元に戻っていくと言われていますが、何もしないと大変なことになりますので美白ケアにも気を配ると良いでしょう。

《自己処理は肌に優しい方法で》

トラブルを避けるには、ムダ毛の自己処理をしないというのも選択肢の一つです。

でも、それは我慢できないという人もいるでしょう。

妊娠中でもムダ毛の無いキレイなママでいたいと思うのは当然です。

そこで、ムダ毛を処理するのであれば肌に優しいと言われている電気シェーバーがオススメですよ。

他の方法だと刺激も強いので避けた方が無難でしょうね。

《異変を感じたら自己処理は中止!》

いくら肌に優しい方法でも、かゆみが出たり湿疹ができたりなど、気になる症状が出た場合は自己処理を中止して下さい。

それは、妊娠中はホルモンの影響によって色素沈着を起こしやすくなっているからです。

かゆみや湿疹などから色素沈着に繋がる可能性もありますので、十分に注意して下さいね。

以上のポイントに気をつけておくと、出産後に全身脱毛を再開する時もスムーズにできるでしょう。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者