全身脱毛して良かったこと


入院した時に全身脱毛して良かったと実感

入院すると、自宅にいるときのように身だしなみに気を配ることができなくなります。

入院日数も長期になると、ムダ毛が伸びてきて大変ですよね。

そんなときに、全身脱毛をしていて良かったと実感するようになります。

<入院中は自由にお風呂に入れない>

入院中は、何かと制限があります。

消灯時間や食事の時間、すべて病院の決まった時間に従わなくてはいけませんね。

入浴時間が決まっていますし、先客が入っていれば入れないこともあります。

そうなると毎日の入浴は厳しく、せいぜい週に3日ぐらいの間隔になってしまうこともあります。

入院患者が共同で使う場所ですから、入浴中にゆっくりとムダ毛処理なんてしている暇もないでしょう。

それに点滴でもしていれば、シャワーでさえ浴びることもできず、ムダ毛処理なんてもってのほかです。

しばらくお風呂に入らずムダ毛を処理していなくても、全身脱毛済みならいつでもツルツルで気が楽ですね。

<電気シェーバーは音が気になる>

電気シェーバーを持っていって病室やトイレで処理をする方法もありますが、音が気になります。

ムダ毛処理をしている音は、あまり人に聞かれたくないですよね。

それに病気で入院している場合、肌の抵抗力も落ちている可能性があります。

そんな時に電気シェーバーやカミソリでの自己処理をしてしまうと、肌トラブルを引き起こしかねません。

肌のことを考えるなら、体調が万全では無い状態でのムダ毛処理は避けるべきです。

しかし、3日もすると腕の毛や脚の毛は結構伸びてきます。

病院着からはみ出たムダ毛を、見舞客、看護師さん、医師などに見られてしまいます。

看護師さんやお医者さんは何も気にしていないでしょうが、見られる側にしてみれば非常に恥ずかしいものです。

こんなことなら、健康なときに全身脱毛を済ませておくべきだったと後悔してしまうことでしょう。

急な入院でムダ毛処理ができなくなっても困らないように、全身脱毛は早めに済ませておいた方が便利ですね。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者