お尻脱毛の攻略法


する人が増えてきているお尻脱毛の攻略

以前の脱毛の考えは、人目に付きやすい部分のみムダ毛を処理するというものでした。

しかし、今は違います。

普段は服で隠れるような場所であっても、エステサロンで脱毛して全身キレイになりたいと思う人が増えています。

お尻脱毛も徐々に利用者が増えてきていますが、エステサロンでの脱毛が身近になった今こそ、お尻のムダ毛もキレイにしておきましょう。

≪お尻のムダ毛の特徴≫

お尻のムダ毛は全体的に薄く、せいぜい産毛が濃くなったぐらいでしょう。

毛質もほぼ直毛で、カールしている人はあまり見られません。

まったく目立たない人もいますが、色白でムダ毛の毛足が長い人はより目立ちます。

ローライズのパンツだとしゃがんだ時にお尻の上部まで見えてしまうことがありますが、そのときに濃い目のムダ毛が目立ちます。

≪エステサロンでお尻脱毛をするメリット≫

お尻のムダ毛脱毛はそう必要ではないと思いきや、気になってしまえばきりがありません。

特に水着を着る機会の多い人、Tバックショーツ派の人、彼に見られるのが恥ずかしい人はお尻脱毛も必須でしょう。

お尻は自分から見えづらい場所にあるので、自己処理をしようとするとうっかり傷つけてしまう可能性があります。

エステサロンで脱毛すれば危険な自己処理からも解放されますし、好きなデザインの水着や下着も気にせず着こなせます。

ローライズのパンツでも、ムダ毛を気にすることなくはけますね。

お尻脱毛だけエステサロンで受けるのは照れくさく感じますが、全身脱毛のついでなら何となく抵抗感も薄れます。

≪お尻脱毛の注意点≫

エステサロンで脱毛を受けるには、事前の自己処理が必要です。

しかし、お尻は自分で剃るのが難しいところなので、傷を付けないように最新の注意を払う必要があります。

特に臀部はカーブしているので、カミソリよりは電気シェーバーのほうがいいですね。

どうしても剃りにくい場合は、エステサロンで下処理をしてもらえないかどうか相談してみましょう。

施術直後は、汗と外的刺激に気を付けなくてはいけません。

できるだけ圧迫するような下着や服は避け、お風呂のときもタオルで擦らず手で優しく洗ってあげて下さい。

≪人気エステサロンの全身脱毛にはお尻が含まれている?≫

脱毛ラボ、銀座カラー、エターナルラビリンスの全身脱毛コース内容をチェックしてみると、すべてお尻脱毛は標準でカバーされており、すべてヒップという名称になっています。

脱毛ラボとエターナルラビリンスの場合は臀部全体をカバーしているのですが、銀座カラーの場合は図で確認する限りは尾てい骨周辺のみのようです。

具体的な脱毛範囲については、施術を受ける前に必ず確認しましょう。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

FX業者