Vライン脱毛


もはや常識のVライン脱毛攻略

アンダーヘアの脱毛は元々日本人女性にとってあまり馴染みのないものだったのですが、ここ最近お手入れをする人が増えています。

特にビキニラインとも呼ばれるVラインは、スポーツ、温泉などといったシーンで他人に見られてしまう可能性が高いので、お手入れをしている人も多いでしょう。

スポーツのコスチュームや水着だと、はみ出して恥ずかしい思いをしてしまいますね。

夏の度に自己処理しているという人も、この際ですから全身脱毛と一緒にVライン脱毛も考えてみましょう。

≪Vラインのムダ毛はどんな毛質?≫

まれにとても薄くて目立たない人もいますが、Vラインのムダ毛は太くてゴワゴワ、縮れているという人がほとんどでしょう。

人によって生え方はまちまちですが、全体的に濃い人や毛足が長くて困っている人もいます。

毛が固いのでカミソリで剃ってしまうと、伸びかけの毛が下着を突き破ってはみ出してしまう恐れもあります。

肌は刺激に弱く、カミソリでかぶれてしまいやすいです。

≪エステサロンでVライン脱毛するメリットとは≫

Vラインぐらいでしたら範囲も狭いですし、自己処理で十分対応できると考えている人もいますが、肌がデリケートなのでカミソリ処理は避けたいですよね。

エステサロンで脱毛を済ませておけば、煩わしいカミソリでのムダ毛処理にもサヨナラできます。

また、Vラインがスッキリすることで水着や下着も好きなデザインが着こなせるようになりますが、メリットはそれだけではありません。

見た目上だけではなく、蒸れが軽減することで清潔に保てるようになりますよ。

≪Vライン脱毛の注意点≫

Vラインは比較的毛足が長めなので、エステサロンで脱毛を受けるときにはやはり前もって処理しておかなくてはいけません。

できればVライン専用の電気シェーバーを使ったほうが、カミソリの刺激を減らせていいでしょう。

施術後は、なんといっても刺激に注意しなくてはいけません。

ショーツはコットンで肌触りがいいもの、デザインも締めつけ無いタイプがいいですね。

施術直後の肌には、ビキニタイプのショーツよりボーイズレッグのほうが向いているでしょう。

≪人気エステサロンの全身脱毛の対応は?≫

Vラインは範囲が狭いので、できれば単独で施術を受けるよりは全身脱毛のついでに済ませたいものです。

脱毛ラボ、銀座カラー、エターナルラビリンスの3サロンでは、標準で全身脱毛のコースに含まれています。

ただし、分割の仕方には若干違いがあります。

脱毛ラボ:恥骨の上あたりのV上と、ももの付け根のVライン

銀座カラー:恥骨周辺のVライン上部とももの付け根のVライン、さらにへそ下

エターナルラビリンス:ももの付け根と恥骨周辺をまとめてVライン、さらにへそ下

このようにエステサロンによって分け方が少し違うので、施術前にはどこまで処理してくれるか確認しておきましょう。

※最終更新

(秘)サロン潜入取材! 脱毛@調査隊がサロン潜入中!

  • 調査隊?潜入取材とは
  • 脱毛ラボ編
  • エターナルラビリンス編
  • 銀座カラー編
FX業者